楽じゃないけど楽しく勉強できる英語学習方法

世に英語教材は溢れています。
もう「これを買うだけで英語を話せるようになる」くらいの勢いでキャッチコピーが書かれています。
もちろん制作者も「これが一番」と思って作ってるので、キャッチコピーもそれだけ熱のこもったものになるのでしょう。
当たり前のことですが、結局買っただけでは英語は喋れません。

ただこれを買えば強制的に英語を話せるようになる、最も厳しいけど最も楽しい(楽ではない)英語学習方法があります。
これに比べればどんな英語教材もヌルいです。

実戦こそが人を最も成長させる

それは留学です。

まわりが英語しか使わないのであれば。自身も英語を話せる、話せないとかのレベルじゃなく、どんなにつたなくても英語を話さないと生活できないのです。
スーパーで食材を買うにも英語、ドラッグストアで薬買うにも英語、電車の切符1枚買うにも英語、英語、英語…
英語を話さなければ最悪餓死してしまいます

といのは言いすぎですが(スーパーとかでそんなに会話のやりとりしないでしょうし)、英語のシャワーなんてヌルいものではないということは想像に難くありません。

留学先にもよりますが4週間でホームステイ費用込み20万~40万くらいです

お高めの教材やスクールであれば20~30万円しますが、結局本気でできなければ、それで話せるようになるという保証はありません。

留学であれば、「話せるようになる」とかいうレベルの話ではなく、生活のために否が応でも英語を話さなければいけません。
「単語がわからない」「文法があってるか不安」「発音どうだったっけ」などと考えてる暇はないのです。
単語がわからなければ、とりあえず似たような単語をしゃべってみる。
文法があってるかどうかなんてどうでも良いです。通じれば。
発音が悪いと通じない、ではなくどうにかして通じさせなければいけいなのです。紙に書いてでも。

そうこうしてるうちに正しい英語が次第に身についてきます。
なにより「外国人と英語で会話する」という心の障壁なんて感じる間もなくあっという間に崩れていきます。

あらゆることをハイテンションで楽しめる

上ではなにやら厳しいことを書いてきましたが、実は留学は楽しいのです。
4週間なんてあっという間に過ぎますし、語学スクールのだれもが妙なハイテンションで、「学校終わったらあそこに行ってみよう」とか、「週末はあそこに行こう」など、体が休まる暇がないくらい遊びたおすことになります。
遊ぶと言ってもみなさん留学費用を払ってあまりお金がないので、できるだけお金をかけないとこに行こうとします。
ちょっとした眺めの良いカフェやレストラン、とにかく広い公園など日本とはがらっと雰囲気が違って、いるだけで楽しい気分になります。

英語をしゃべるのはネイティブスピーカーだけではない

ただし遊びに行くのに日本人だけでかたまるのは“なし”です。
仲良くなりやすいのは日本人ですが、仲良しグループの中には必ず日本人以外も含めましょう。日本人相手に話す場合でも、日本語がわからない人がいれば英語をつかわなければいけません

しかも様々な国のくせのある英語と会話する経験ができます。
韓国、中国、メキシコ、イタリアなど。
「この国では、この単語をこうやって発音するんだ!?」
とちょっとしたカルチャーショックを受けます。

例えば、「Hot dog」、日本では「ホットドッグ」ですが、韓国の方が発音すると「ハットク」と聞こえたり(「Hot」の発音はハとホの中間くらい、tとdがリンキングして、さらにgはサイレント、ということで韓国版の方が英語の発音に近いのですが)。

日本以外を文字通り五感すべてで感じることで、すばらしい高揚感が生じます。

有給まとめて使ってでも留学しましょう

もちろん4週間くらいの留学では英語をネイティブのように操れるわけにはいきませんし、おそらくTOEICの点数も上がらないでしょう(ListeningとSpeakingは少しは上がるかもしれません)。

本当に英語を話せるようになりたいのであれば、まず留学しましょう。「ある程度を話せるようになってから」ではなく、状況が許す限り早めに、の方が良いです。
まずは五感に“ 世界 ”という刺激を受け、モチベーションを極限まで高めてから日本での英語学習に取り組みむことで、英語学習の効果は飛躍的に高まります。
続けられるかどうかわからない英語教材に10万も20万も出すのであれば、留学という経験を買った方が、より実りの多い人生になることでしょう。

↓留学費用、場所、経験談、見るのはタダです。少しでも気になったら覗いてみてください。