POCKETALK(ポケトーク)の価格!高いの?安いの?

POCKETALK(ポケトーク)の価格設定

POCKETALK(ポケトーク)の価格はグローバル通信2年付で29,880円(税別)、通信なしモデル(別途通信契約必要)で24,880円(税別)です。

グローバル通信SIMが2年で5,000円(税込5,400円)ということは、税込で月額225円です。
普通にデータSIMだけ契約しても300円くらいはするので、126の国や地域で使えてさらに安い、ということであればグローバル通信2年付を選択しない理由はありません。
(Wi-Fiのある自宅内だけで使うとか、すでに海外で使えるSIMを2年契約してる、という方であれば通信なしモデルという選択はありかと思います)

税込合計32,270円という金額は一般家庭であれば、簡単に

「使うかどうかわからないけどちょっと買っとこうか」

という感覚で買えるものではありません。

使うシチュエーションは海外旅行だけじゃない

2年間、本気で使い倒すつもりじゃないと、おいそれと出せる金額じゃないですよね。1年に1回海外旅行に行くのに使う、というのであれば1回あたり約16,000円ですからコストパフォーマンスは悪い部類に入るでしょう。

逆に言えば、本気で使い倒す気持ちがあれば買うべき商品だと思います。

例えば、
「韓流が好きで、韓国ツアーも安いし月1回韓国旅行に行ってるけど、韓国語がしゃべれればもっと楽しめるのに」

例えば、
「中国語を勉強したいけど、スクールに何回も通うお金はない。月4回のプログラムにして、自宅ではPOCKETALK(ポケトーク)使って発音練習しよう」

例えば
「英語を学ぶには現地で英語にどっぷり浸かるのが一番の近道だ。ほとんどしゃべれないけど、思い切って留学しよう」

例えば、
「民泊したいけど、いろいろな国の人が来るし意思疎通ができないと不安」

例えば
「ホームステイ受け入れに協力したい。英語はしゃべれなくて良いと言われたけど、どれくらい日本語が喋れるかわからないので心配」

例えば、
「英語が得意なので個人事業で来日外国人向けのガイドをしたい。他の国の言語をしゃべれたら仕事の幅が広がるけど、学ぶには時間がかかる」

例えば
「中国人のお客様が増えてきた。お客様とコミュニケーションとれればもっと売り上げがあがるけど、中国語を話せる人材をすぐに採用できるわけはないし・・・」
※法人利用には制限があるのでご注意してください

世界とつながるチャンスをつかめる

出入国管理法が改正されて2019年4月から順次施行されますし、2020年には東京オリンピック、2025年には大阪万博が控えています。
これから日本語を母国語としない方々と接する機会はどんどん増えてきます。
しかも英語圏だけでなく、アジア圏からも多くなりそうです。
意識して避けようとすれば、もちろん外国人と接することなく生活を送ることは可能でしょう。

ただそれでは自分の世界をどんどん狭めてしまいます。
自分が外国に行かなくても、せっかくいろんな国の方々が日本に来てくれるのです。

POCKETALK(ポケトーク)に頼るのも良いですし、POCKETALK(ポケトーク)を語学学習のブースターとして使っても良いでしょう。

自分の世界を広げるとても良い機会ではないでしょうか。


SIMは2年間使い放題。夢の通訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」